JAZZ


詳しいコメントは、アーティスト名をクリックしてください。
 ■価格順 ■新着順
CARLOS MALCOLM 1,000円(税込)

[Bustin' Outta The Ghetto]DEADSTOCK!ヴィンテージ・スカ・ファンにはおなじみのトロンボーン奏者/バンド・リーダーが1970年ヴァージン諸島にて録音、アーマッド・ジャマル主宰のAJP レーベルからリリースしたレア盤が復活。本作はカリビアン・テイストに加えてファンクやラテンのリズムが〜

TOM BROWNE 1,500円(税込)

[Tommy Gunn : Expanded Edition<限定盤>]Funkin' For Jamaicaから4年後の1984年に発表、自身の土俵であるフュージョンの可能性を、大きく広げた意欲作です。80'sエレクトロ・ファンに人気の「Loop」や「Break Out」

ARTURO SANDOVAL 1,980円(税込)

[Ultimate Duets]元イラケレのメンバーで、ディジー・ガレスピーに師事し、2019年70歳を迎えるキューバを代表するトランペット奏者、アルトゥーロ・サンドヴァルの新作はゲストが超豪華な究極のデュエット集!スティーヴィー・ワンダー、ジョシュ・グローバン、プラシド・ドミンゴ、アリアナ・グランデ&ファレル・ウィリアムズ、アル・ジャロウ~

JOHNNY HAMMOND 2,000円(税込)

[Gears / Forever Taurus]JAZZ-FUNK名盤として高い評価を得つつ、The 45 King, K-Solo, Hieroglyphics, Talib KweliといったHip-Hopのアーティストなどがサンプリングする、1975年名作”GEARS”と、プロデューサーはブルーノートのウェイド・マーカスで、『Gears』よりコンテンポラリーな方向〜

DAVE BRUBECK QURTET 1,620円(税込)

[Gone With The Wind]話題の"Unsquare Dance"他18曲収録!ジャン・ピエール・ルロアの写真をパッケージに使用した3面デジパック!ブルーベックとポール・デスモンド・カルテットによる1959年録音の名盤『Gone with the Wind〜風と共に去りぬ』と、61年録音『Time Further Out』をカップリング~

GERRY MULLIGAN / PAUL DESMOND QURTET 2,300円(税込)

[Complete Studio Session]ジェリー・マリガンとポール・デスモンドの2大巨匠中心のセッションからの1957年のBlues In Time、1962年のTwo Of A Mindの2枚の名盤LPを、ワン・セットにした全22曲収録〜

BILLIE HOLIDAY 1,800円(税込)

[Songs For Distingue Lovers/Body And Soul ]1957年録音のビリー・ホリデイ晩年の名作。さらに、同セッションから生まれたもう一枚のアルバム『Body And Soul』も追加収録。名コンビ、ベン・ウェブスターのサックスも必聴![2LPs on 1CD]

TIA FULLER 2,300円(税込)

[Diamond Cut]2006年のビヨンセのワールド・ツアーや、Terry Lynn Carlingtoに抜擢され、クリスチャン・マクブライドらN Yのトップミュージシャンとセッションを重ね、第一線で活躍する女性サックス奏者ティア・フラーの通算5作目。豪華ミュージシャンを迎えての注目作!

BOBBI HUMPHREY 1,000円(税込)

[Dig This!] デッドストック限定入荷盤!ボビー・ハンフリーが1972年ブルーノートよりリリースしたジャズ・ファンク作が新リマスターによりCD化!

ANDREAS VARADY 2,300円(税込)

[The Quest]2014年、クインシー・ジョーンズのバックアップを受けてVerveからデビュー作をした、ロマの血を引くギタリスト、アンドレアス・ヴァラディのResonance第一弾!!クインシーの押しで、すでに世界各国のフェスのステージも経験。美しいコードワークとシングル・ノートのソロが~

BRAD MEHLDAU TRIO 1,800円(税込)

[Seymour Reads The Consitution! ]現在ジャズ・シーンでのNO.1ピアニスト、ブラッド・メルドー率いるトリオによる新作スタジオ録音盤!オリジナル楽曲も、よく知られたナンバーも、才気が煌めき出たアレンジと解釈によって、一つの大きなグルーヴとなる。大胆に、革新的に進化し続けるトリオの新作~

BILL O'CONNELL 2,300円(税込)

[Jazz Latin ] 1953年NY生まれのラテン・ジャズ界の大御所ピアニスト、ビル・オコンネル。ソロだった前作とは打って変わり、今回はピアノ・トリオを軸に、曲によりランディ・ブレッカーをはじめ様々なゲスト・ミュージシャンを迎えた聴き応えある作品~

::: SHOP INFO :::
リンクについて





個人の方がリンクしてくださる場合はフリーです。
商用の方は事前にご一報ください。